文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(文京区)―

川村 浩樹 院長/川村歯科医院(白山駅・歯科)の院長紹介ページ

川村 浩樹 院長

HIROKI KAWAMURA

専門分野の知識や技術を持ち寄り
最良の治療が提供

川村 浩樹 院長

川村 浩樹 院長

川村歯科医院

文京区/白山/白山駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

生物学に興味を持ち、組織学から臨床へと気持ちが徐々にシフト

川村 浩樹 院長

私は理系科目、中でも生物学に興味を持っていました。その生物という枠で考えれば、人に関わっていくのは、歯学か医学。私の父は歯科医師でしたから、その選択において父と私の思いが合致したということになるのでしょうね(笑)。
きっかけがきっかけなものですから、当初は臨床よりも研究職のほうに興味をとられ、大学院へと進んで細胞を扱う組織学という学問に携わっていました。ただ、基礎の研究をしている時も、患者さんを診る機会は少なからずありました。その中で、患者さんから感謝をつづったお手紙を頂戴したことがあったのです。臨床へと気持ちが徐々にシフトしていったのはそれ以降のことで、大学院から大学病院の歯周病学教室へと移動し、患者さんを診ることが第一となっていきました。
平成24年(2012年)に、南北線「本駒込駅」からは徒歩5分、三田線「白山駅」からは徒歩3分とアクセスの良い当地に歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の『川村歯科医院』を開院するに至りました。こうして実際に開業医となってみて、日々、その責任の重さというものを痛感しています。大学ですと、患者さんは大学という名前を頼りにいらっしゃることが多いわけですが、ここではまさに自分を選んで来ていただいていることになります。掛かる責任は重大ですが、それをやりがいととらえ、皆様のお声に真摯に耳を傾け、地域医療に貢献していきたいと思っています。

専門分野の知識や技術を持ち寄り、最良の治療が提供出来るよう努めていく

川村 浩樹 院長

医院の特色としまして、Dr.のほとんどが大学病院の医局在籍者、または医局出身者であり、各々が高い専門性を持って診療に当たる点にあります。ただし、街の歯医者さんである以上、当然のことながら自分の専門以外の分野も診ていかなくてはなりません。入れ歯もお作りすれば、歯を削ることも、時には歯を抜くこともしなければならない。トータルで診させていただく中で、そこにプラスアルファ、専門分野の知識や技術を持ち寄り、その方にとって最良の治療が提供出来るように努めていきたいと考えています。

患者様に状態を正確に把握して頂き、歯科医師との共同作業が大切

川村 浩樹 院長

私を始めとして当院には歯周病専門医・認定医の資格を有する者が複数在籍しており、今後も歯周病治療には特に力を傾注していきたいと考えています。
実に日本人の80%が歯周病にかかっていると言われています。その80%の中には、歯周病の初期の方から重度の方まで、様々な段階の方がいらっしゃいます。普段のケアをしていれば大丈夫な方もいれば、ある程度の治療を必要な方もいる。大事なことは、おひとりおひとりの状態を正確に把握し、ご自身で管理しやすい状態へと持っていってあげることです。そこから先は、患者さんと我々歯科医師の共同作業が大切になっていきます。

今の状態を把握していただき、ご要望に添うように治療を進めていく

まずは今の状態を把握していただくこと。その上で患者さんのご要望に添うように治療を進めていきたいと考えています。しかし、"ただ"ご要望に添うだけが私たちの仕事ではありません。患者さんには耳の痛いことであっても、時にはプロとしてお伝えしなければならないことがあります。
例えば、ぐらぐらで手の施しようがない歯であるにもかかわらず、「とにかく残してください」という希望を伺うことがあります。そのお気持ちはよくわかりますが、仮に固定して残せたとしても、結果として歯周病を悪化させるだけということになってしまいます。なぜこの治療が必要なのか。その理由を丁寧にご説明し、ご納得いただいた上の治療を心掛けています。
説明が重要なのは、何も治療の選択だけではなく、普段のケアについても同様です。「歯を磨いてくださいね」とただ伝えたところで、その説明が具体的かつ的確なものでなければ、歯ブラシにも身が入りません。機械的にお伝えすれば良いというものではなく、その方の心に響くような伝え方を我々も工夫していかなければならないと考えています。

これから受診される患者さんへ

『川村歯科医院』では、大学病院と同様の診療をおこなっています。さらに、設備等の問題で当院において対処が難しいケースでは患者さんのご希望を伺った上で大学病院へご紹介する役割も担っていきたいと考えています。
歯周病に限ることなく、歯科でお困りのときはなんなりとご質問ください。街にある歯の相談所として、皆様にお気軽にご利用いただければと思っています。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

川村 浩樹 院長 MEMO

  • 生年月日:1964年8月4日
  • 出身地:茨城県
  • 血液型:B型
  • 趣味:映画鑑賞、読書
  • 愛読書・本:小松左京
  • 好きな映画:SF
  • 好きな音楽:クラシック、ポップス
  • 好きな場所:新宿

グラフで見る『川村 浩樹 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート