文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(文京区)―

星野 高之 院長/ほしの歯科(護国寺駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

星野 高之 院長

TAKAYUKI HOSHINO

不安や疑問を感じさせないよう心がけ
歯科医としてオールラウンドに対応する

星野 高之 院長

星野 高之 院長

ほしの歯科

文京区/音羽/護国寺駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

文系から理系へ変更し、この世界へ

星野 高之 院長

私が通っていた中学・高校というのは、「生徒の3分の1は医療関係者の子ども」というくらい医療の世界と関係性が深く、おそらくは両親も、私にそうした道に進んでほしくて入学させたのだと思います。しかし、そんな両親の思惑をよそに私は文系を選択しまして、この道を真剣に志すようになったのは浪人生のとき。いろいろ考えた結果「理転」して、歯学部へと進学しました。
大学の6年間、大学院の4年間、そして講座に残って助手を務めた2年間はずっと埼玉県で過ごしました。埼玉県が嫌になったわけではありませんが(笑)、元々の出身が東京都なものですから、そろそろ東京に戻りたいと思って、都内の歯科医院に就職。勤務医として、また分院長として経験を積んだ後、5年ほど前に、有楽町線「護国寺駅」4番出口を出てすぐの場所に歯科・小児歯科・歯科口腔外科の『ほしの歯科』を開業しました。
音羽近辺には既に多くの歯科医院がありましたが、私とは年齢もキャラクターも異なる先生ばかりでしたので、その点はあまり気になりませんでした。それよりもむしろ所縁のある音羽で、地域の皆様のお力になりたいという気持ちの方が強かったですね。

歯科医としてオールラウンドに対応

星野 高之 院長

一般歯科はもとより、歯周病・予防歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科・ホワイトニングなど、矯正歯科を除いて一通り診させていただいていますので、その意味では、何かひとつ際立った特徴というのは特にありません。私自身、大学の講座(医局)にいた頃は入れ歯について専門的に学び、また、大学を出た後は歯周病やインプラントの専門医院などにも勤めました。現在、歯科医としてオールラウンドに対応できているのは、そうした幅広い経験があったからこそだと思っています。
それでもあえて特徴を挙げるとすれば、「歯科材料学」の博士号を持っていますので、たとえば器具や材料を新たに導入するに際して、業者からの売り込みをただ鵜呑みにするのではなく、専門的な知識に基づいてより適切に判断することができます。また、治療に使用する器具や材料について患者様からご質問いただいた際にも、教科書以上のご説明・ご案内を、自信を持ってさせていただくことができます。その結果として、患者様の安心・安全につながれば嬉しいですね。

不安や疑問を解消し、様々な工夫や配慮を

星野 高之 院長

当院におきましては、歯科治療を通じて皆様に笑顔になっていただけることを目標として掲げているわけですが、「笑顔」の天敵は何と言っても「不安」です。そこで診療に際しては、患者様に対してできる限り不安を感じさせないように努めています。
たとえば治療前に、今後の治療方針や治療回数・費用などについて予めしっかりとご説明させていただくことによって、患者様が抱く「これから何をされるのだろう?」「治るまでにどれくらいの期間・費用がかかるのだろう?」といった不安や疑問を解消することもそのひとつ。もちろん患者様に不安を抱かせないようにするためには、治療前だけでなく、治療の最中もこまめにお声掛けをして適宜フォローすることも欠かせません。
また、歯科治療に付きまとう「怖い」「痛い」というイメージを払拭できるように、院内環境や設備・機材の面でもさまざまな工夫や配慮をしています。そのひとつひとつは些細な取り組みかもしれませんが、それが少しでも患者様のためになるのであれば、一手間かけることを決して惜しまないようにしたいと考えています。

土曜日は終日、日曜日も午前中は診療、ユニットへはベビーカーごと入れます

音羽周辺というのは、道を歩いているとオフィス街のようにも見えるのですが、店舗や事務所になっているのは建物の1階部分が中心で、あとは住戸。実は多くの住人の方が暮らしていらっしゃいます。そのため当院の患者様も、そうした近隣にお住まいの方が大勢を占め、下は0歳から上は90代まで幅広い年齢層の患者様にお越しいただいています。当院におきましては土曜日は終日、日曜日も午前中は診療をしていますので、平日は仕事や家事で忙しい地域の皆様にとっては通院しやすいという部分もあるのかもしれません。
患者様の中には小さなお子様連れの方もいらっしゃいますが、そうした場合には、ベビーカーごと診察室(ユニット)に入っていただくようにしています。ユニットの壁の一部はホワイトボードになっていますので、お母さんが治療している間お子さんたちはそこでお絵描きをしたり、あとはDVDを観たりして過ごします。お母さんたちからも「治療の間も、子どもの様子をそばで見ていられるので安心」と言ってもらえることが多く、とても好評を博しています。

これから受診される患者さんへ

当院では患者様に対して、「1日2回2分の歯磨き」をおすすめしています。歯の上下左右をそれぞれ30秒ずつでちょうど2分。最初から多くのことや複雑なことを要求し過ぎても患者様が嫌になってしまいますので、あくまでも最低限のラインからスタートして徐々にきめ細かなアドバイスをさせていただくようにしています。
さて、ここ音羽は住人同士の結びつきが強く、かく言う私も町会活動には積極的に参加して、お祭りのお手伝いなどをさせていただいています。と同時に、地域のために私ができることと言いますと、それはやはり皆様の歯の健康を守ること。今後も、地域の皆様のお役に立てる歯科医院であり続けたいと思っていますので、何かお困りのことがありましたら、どのようなことでも遠慮なくご相談いただければと思います。

※上記記事は2014.06に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

星野 高之 院長 MEMO

  • 生年月日:1972年11月5日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:子どもと遊ぶ、友人と飲みに行く、町会活動に参加する
  • 好きな映画:インデペンデンス・デイ
  • 好きな言葉・座右の銘:やってみなければわからない
  • 好きな音楽・アーティスト:邦楽(特にB'z)
  • 好きな場所・観光地:呑み屋(笑)

グラフで見る『星野 高之 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート