文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(文京区)―

湯上 圭 院長/あかり歯科医院(白山駅・歯科)の院長紹介ページ

湯上 圭 院長

KEI YUGAMI

患者さんを想う気持ちを忘れずに

愛媛県生まれ。国立東京医科歯科大学歯学部卒業後、国立東京医科歯科大学附属病院の義歯外来医として勤務。都内法人歯科医院 分院長を経てあかり歯科医院を開院。

湯上 圭 院長

湯上 圭 院長

あかり歯科医院

文京区/白山/白山駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

幼い時の祖父母との思い出がきっかけで、年配の方の役に立てるような歯科医師を志す

湯上 圭 院長

高校生の時、教師をしていた父から、「人生において何らかの“選手”になりなさい」と言われました。自分はスポーツは苦手ですが机に向かうことがわりと好きでしたので、“勉学の選手”を目指すなか、法律と医療に興味が湧きました。最終的に歯科医師を目指したのは、幼いころから同居していた大好きな祖父母が入れ歯に苦労している姿を見て、手助けができたら、人に喜んでもらえる仕事ができたら、と思ったことがきっかけです。
大学を卒業してからは、大学院で、治療のバリエーションが豊富な部分入れ歯を専攻し、大学病院で研究や教育、外来の仕事などの業務を通じて、沢山の経験を積みました。その後一般の歯科医院に勤務したのですが、患者さんとの距離が近いクリニックの方が、最初に抱いた自分の思いを実現できることを実感しました。「あかり歯科医院」という名前にはこれまで出会ってきたたくさんの患者さんが心に灯してくれた温かなあかりを大切に。そしてこれから出会う患者さんにとって小さなあかりになりたい・・・。そんな2つの想いが込められています。

アジアンテイストな雑貨で温かみのある空間作り

湯上 圭 院長

私自身バリ島が大好きで、アジアンテイストの癒しや落ち着きを患者さんに感じていただきたくて院内のインテリアに取り入れました。白と木目を基調としていて、温かみのある「ホッと落ち着ける空間」になれば、と思っています。待合室にはスリッパ除菌ディスペンサーを設置。ヨーロッパで最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブも採用するなど、衛生面での配慮もしています。
スタッフさんもベテラン揃いで、そういった意味でも、安心感があるのではないかと思っています。

すべては目の前のその患者さんのために

湯上 圭 院長

全体を見据え、出来るだけやり直しをせずにすむよう、根拠に基づき、見えない部分も確実に丁寧に治療を行うことをモットーにしています。それができれば、新たな問題は生じにくく、あとは維持に移行していけます。維持を妨げる咬みしめ癖やそれによる不調和もチェックしています。
一人の歯科医師が全ての分野を極めることは現実には限界があります。歯科のなかでも選手があるとすれば、自分は、あれもこれもやります、というのではなく、そういうベーシックをしっかりとこなしたうえで、ひとつ得意分野を持つ、私でいえば部分入れ歯治療ですが、そんな選手でよいと思っています。そして、他の分野に関しても確かな知識を持ち、他の分野を得意とする先生としっかりと連携をとることが重要だと考えています。
また、「ここがしみた」「あそこが痛かった」という患者さんの言葉に対し、必ず、その「理由」を理論的に説明すること、そして、それに対してどうするべきかの意見を述べることを、大事にしています。
お口の中では、電化製品などとは違い、同じものを作っても、歯の状態や生活様式により、持ちが異なります。あまり持たないことが予想される場合は、自費を希望されても、思いとどまっていただくことも多々あります。すべての診断の根拠は、「その患者さんにとってベストであるかどうか」です。

患者さんに頼りに思っていただけることが私の幸せ

この場所に開業すると決めたとき、それまで勤めていた荒川区の歯科医院を退職することになるので、そこで治療させていただいていた沢山の患者さんを見捨ててしまったような気がして、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ところが、開業後150人を超える患者さんがバスや電車を使い急な坂道を歩いて、私の医院に通ってきてくださっています。ご自宅の近くにもたくさん歯科医院があるなかでわざわざお越しいただけている、ということが嬉しくてありがたくて、胸が熱くなります。歯科医師を目指した時の最初の願いを、スタッフさん達に支えられながら、今、多くの患者さん方によって叶えていただいていることを、本当に幸せに思っています。

これから受診される患者さんへ

できてしまった虫歯を治療したり、なくしてしまった歯を補ってできるだけ咬めるようにしたり、痛みをとったりすることは、もちろん大切な私達の役目です。
でも、一番大切なことは、そうならないように、手助けをすることだと考えています。
虫歯や歯周病は、ほとんど自分で防げる病気です。
虫歯や歯周病になりやすかったりする遺伝的な要因はありますが、それでも、そのぶんきちんと管理をする方法をお教えし、それでも難しいところを、助けていきます。
それには、定期的なメンテナンスが大変重要です。
できてしまった虫歯や歯周病も、軽い治療ですむことがほとんどで、結局は、生涯歯科にかける時間も費用も少なくてすみます。なにより、自分の大事な身体の一部を失うことなく、「食べたいものを食べる」という、人生の最大の楽しみのひとつを、最後まで望むことができるのです。
義歯治療の患者さんが、よく、「もっと早く気をつけておけばよかった・・」とおっしゃいます。歯科医院を、治療するためでなく、予防するために定期的に訪れる、そんな場所にしてほしい・・・あかり歯科医院の願いです。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

湯上 圭 院長 MEMO

  • 出身地:愛媛県
  • 趣味:旅行、フィギアスケート観戦
  • 好きな本:山崎豊子の著書
  • 好きな言葉:最善を尽くせば後悔はない
  • 好きな観光地:バリ島

グラフで見る『湯上 圭 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート