文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(文京区)―

小川 隆介 院長/後楽園デンタルオフィス(後楽園駅・歯科)の院長紹介ページ

小川 隆介 院長

RYUSUKE OGAWA

多くの患者さんの笑顔のために
高水準の歯科医療を提供する地元密着型のクリニック

日本歯科大学卒業後、大学病院やクリニックでの勤務医を経験し、2011年から当院の院長として診療にあたっている。

小川 隆介 院長

小川 隆介 院長

後楽園デンタルオフィス

文京区/後楽/後楽園駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

アートと医療への興味、目指したのは歯科医師

小川 隆介 院長

院長としてクリニックをスタートさせたのは2011年。縁あって生まれ育った文京区で開業できました。僕は小さい頃からアートに触れてきました。母親が美術大学の出身だったことから僕自身も美術が好きで、学生の頃は絵を描いて友達に配ったりしていました。一方、父親は産婦人科の医師だったので、医学的な精神や考え方が僕にも刻み込まれていました。それでアートと医療の両方に通じる仕事に就きたくて、歯科医師になったんです。歯科医師の仕事は患者さんの歯について想像したり、作り上げるというアート的要素が含まれているんですよね。まさに自分にぴったりだと思いました。
アートを通して思うのは、やはり良いものを見て目を養う必要性。これが歯科医療の現場でもとても重要で、良い目を持っていないと良し悪しの判断がつかない。結果、きちんとした診察や診断をすることが難しくなる。まずは良い状態を知ること、これが歯科診療でも求められます。

診療時間を長くして、急な事態にも迅速に対応

小川 隆介 院長

当院では虫歯、歯周病、インプラント、矯正、入れ歯など幅広い診療を行っています。ケアマネージャーの資格を持っており、希望があれば往診にも応じています。本当にさまざまな年齢層の患者さんに来ていただき、なかでも地元で長く暮らしている高齢の方や近隣の病院に勤める医療関係者、大学生などがよく通院されています。場所柄、落ち着いた雰囲気の患者さんが多い印象を受けますね。
当院は土日も診療を行い、平日の診療時間は夜22時までとかなり遅めに設定してあります。何かあったときでも迅速に対応できるように、なるべく広い時間帯の診療を行っています。歯科治療の場合、治療が終わって自宅に戻られてから痛みを感じることもあり、そういったときでも再度来ていただいたり、電話問診で状況を確認できます。痛みや違和感が出たときに電話をかけて事情を説明するだけでも患者さんは安心できると思うんです。“安心感”を患者さんに提供することは治療と同じくらい重要ですね。また、忙しい会社員の方などはお昼休憩と会社帰りに来てもらうこともあります。

専門医師による治療で多様な患者さんをサポート

小川 隆介 院長

当院の特徴は深い知識と高い技術を持った専門医による治療が受けられることです。歯周病やインプラント、矯正治療など各分野のプロフェッショナルが集結して、患者さんお一人お一人を担当します。大学病院と並行して当院の診療を行っている先生もいて、“デンタルオフィス”という名前通り、最先端の治療や情報を共有し、積極的にドクターたちと意見交換をしています。どうすれば、患者さんの多様なニーズに応えていけるか、ということを第一に院内のシステムづくりに力を入れています。デンタルオフィスでの僕の役割は、ドクターと患者さんをつなぐことです。まずは患者さんの検査、診断をしっかりと行う。そのうえで、専門の先生と連携を図り、症状に適した治療を行います。専門医師たちがそれぞれの力を存分に発揮できるよう、治療の環境を整えることがとても重要です。
また、若い先生も多いので訓練の場としても当院は機能しています。例えば、豚の骨での院内実習。僕が勉強会で知り得た治療の技術を他の先生たちに伝えるために、トレーニング用の豚の骨を使って実践して見せているんです。現場で最先端の医療が学べるので、先生たちの働くモチベーションにつながっているようです。僕自身も若手のフレッシュな反応に意欲が湧いてきます。

“視える”診療で、患者さんの笑顔の手助けをしたい

診療の中で気をつけていることは患者さんの話をしっかりと聞くこと。耳を傾けることこそ“ラポール”、つまり“親密な信頼関係”への第一歩だと思っています。そのうえで大事なことは、患者さんへの説明です。信頼関係を築いたうえで、論文に基づいた正確な治療内容や診断を、わかりやすく噛み砕いて患者さんにお伝えしています。画像や動画を見せながらの説明も当院では当たり前のこと。患者さんができるだけ理解しやすい説明を心がけています。また、治療においても“視える治療”を実践しています。例えば“ダイアグノデント”。これは患者さんの虫歯に直接当てることで、痛みを計測できる医療器具です。患者さんが感じている痛みを数値化することで症状の進行具合がわかり、治療の必要性を目で見て確認できるというメリットがあります。当院では患者さんがきちんと納得できる、客観性のある説明や治療を行っています。
治療を通して感じるのは、歯の治療が患者さんの生活の幅を広げ、さらには人生をも変えるということです。症状が進んでしまい、食事ができない、口が開かないほどの患者さんをインプラントなどで治療したのですが、今では見た目も十分綺麗で、スルメを嚙めるほどにお口の中が改善しました。まさに、人生が一変したようでしたね。その方は非常に喜んでくださり、今でも定期的にメンテナンスに来られています。患者さんの喜びや笑顔のお手伝いができる、これが歯科医師としての何よりの役割だと思います。

これから受診される患者さんへ

『後楽園デンタルオフィス』は東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」出口1より徒歩5分、交差点に面した場所にあります。お口の健康について何か気掛かりなことがあれば、ぜひ一度お越しください。痛みなどの急な症状にもできる限り対応しておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

※上記記事は2017年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小川 隆介 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:音楽、映画鑑賞、ドライブ、ワークアウト、旅、温泉、食べること
  • 特技:歯科診療、運動
  • 好きな本・愛読書:ノンフィクションもの、臨床系のジャーナルをよく読みます
  • 好きな映画:「ゴッドファーザー」、マーティン・スコセッシ監督が手がけたものが好きです
  • 好きな言葉・座右の銘:“救歯”に一生を得る
  • 好きな音楽・アーティスト:ジャズ、R&B、ジャズ・ドラマーのバディ・リッチ、コーラスグループのアイズレー・ブラザーズが好きです
  • 好きな場所・観光地:伊豆、伊勢志摩など「イ」のつくところ

グラフで見る『小川 隆介 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート