文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(文京区)―

川又 達朗 院長/おとわ内科・脳神経外科クリニック(護国寺駅・内科)の院長紹介ページ

川又 達朗 院長

TATSURO KAWAMATA

長年脳外科疾患を診てきた専門性と
日常的な内科診療との融合

川又 達朗 院長

川又 達朗 院長

おとわ内科・脳神経外科クリニック

文京区/音羽/護国寺駅

  • ●内科
  • ●神経内科
  • ●脳神経外科
  • ●外科

銀行員だった父の言葉に影響を受けた

川又 達朗 院長

銀行員だった父が私と弟の2人を呼び、「お前達は手に職をつけなさい」と諭したのは私が高校生の頃でした。結果的に私は医師となり弟は建築業に携わっていますが、もとを辿ればこの時の父の言葉にお互い影響を受けたのだと思っています。父は文系の人間で、私たちは共に理系。そういう意味では大工だった祖父の隔世遺伝ということになるんでしょうか(笑)。
脳神経外科を専門としたことについては、脳という未知なるものが多い分野に惹かれたということがありました。脳科学という言葉もまだない時代でしたが、未開だからこそ面白いと感じたのでしょうね。
途中、アメリカ留学をはさみ、一貫して最先端の医療現場で脳外科疾患の診断・手術をおこなってきました。当時の私にとって、「患者さんを診る」ことが全てでした。ですが、大学という組織で数十年を過ごせば、誰もがそれだけに集中するわけにはいかなくなります。事務的なことも多々あり、会議もそれはたくさん出てくる。『おとわ内科・脳神経外科クリニック』は私が40代後半になって開いたクリニックです。その年になっての開業というのは比較的遅いのかもしれません。でも、その時点で自分が本当にやりたいことは何かと問うた結果が今、ここにあると考えています。

長年脳外科疾患を診てきた専門性と日常的な内科診療との融合

川又 達朗 院長

当クリニックでは長年脳外科疾患を診てきた専門性と日常的な内科診療との融合を掲げています。その専門性を形としたのがCT検査であり、頭部はもとより、胸部や腹部の3つの部位を検査することが可能です。無論、割合からすれば頭部にまつわるものが多いのですが、「咳が止まらない」等の症状を訴えてこられ、検査により診断がついた例も少なくありません。
この周辺にお住まいの方が患者さんの大方になりますが、最近は近隣の整形外科さんや内科さんから紹介を受けて来られるケースも多くなってきました。整形外科は交通事故に類する症例が多いわけですが、「頭を打った」=「適切な検査」が求められます。そのような場合、大学病院に比べて気軽に検査を受けれる点において、当クリニックが役立てることも多いと考えています。

診断を確定させることにより、多くの方の悩みを取り除く

川又 達朗 院長

脳にまつわる疾患にかかる方の割合は決して多いとは言えません。しかし、その手前、病気なのか、そうではないのかと心配する方々は少なくないのです。といって、大学病院は敷居が高く、また決して小回りが効くところは言えないのです。例えば検査1つをとっても相応の時間が掛かります。予約に1日、検査に1日、そしてまた結果を聞きに行く。これだけで3日を要するわけで、なおかつそれぞれ半日を病院で過ごすことになります。本来、大学は病気であるかどうかを判断する機関ではないですから、それは仕方のないことなのかもしれません。しかし、患者さんにとってみればそうではないんですね。
私のような開業した脳外科医がすべきことは、まずそこだろうと考えています。すなわち、心配を抱えた方々に対して検査をおこなって初期の診断を付ける。それも予約なしでスピーディーにおこなう。診断を確定させることにより、多くの方の悩みを取り除くことこそ私がやるべきことと考えています。

ハードの意味での安心と、私が直接説明をするソフト面での安心

医者は診断をして治療をすればそれで良いと思いがちですが、患者さんの望みはそれだけではないことも多いのです。であれば、患者さんが何を求めているかをキャッチすることが肝心になります。 プロフェッショナルとして事前に検査必要性の可否は判断出来ます。しかし、患者さん自身が検査を望んで来られている場合はどうしたら良いのか。あくまでも保険診療が許される範囲内でのことになりますが、検査をすることで納得し、精神的にもベターに向かうと判断した場合には、患者さんの希望に沿うよう診療を進めることもあります。その逆もまた然り、です。
患者さんに納得してお帰りいただくこと。それが我々医者に求められることだと考えています。CTには納得する拠り所を示しやすいという利点もあります。ハードの意味での安心と、私が直接説明をするソフト面での安心。両方相まって、患者さんからの信頼を得られると考えています。

これから受診される患者さんへ

インターネットには様々な情報があふれています。その多くの情報から正誤を選別するのは非常に難しいことであり、それがさらに不安をかき立てる要素となっているように感じます。もし色々と考えて心配が消えないのであれば、まずは医師に相談をしに来ていただくのが一番良いかと思います。そのために、我々は存在しているのですから。
頭の病気は検査をすれば判明することが多いものでもあります。時間にして1分程度。ほんのわずかな時間で皆さんの不安を解消出来ると考えていますし、遠慮なく気軽にご利用いただければと思っています。

※上記記事は2014.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

川又 達朗 院長 MEMO

放射線科専門医

  • 生年月日:1957年4月7日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:アメリカンフットボール観戦(協会医科学委員として医療面からのサポートをしています)
  • 愛読書・本:オールジャンル
  • 好きな言葉・座右の銘:明日出来ることは今日やらない
  • 好きな音楽:ジャズ、クラシック、J-POP
  • 好きな場所・観光地:山、緑豊かな場所

グラフで見る『川又 達朗 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート