文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(文京区)―

本田 英世 院長/本田医院(春日駅・内科)の院長紹介ページ

本田 英世 院長

HIDEYO HONDA

医療の質及び技術・医療サービスの向上に努め
病診連携を充実し、地域に密着した医療を提供

日本医科大学に進み、専門は外科を選択。大学病院で10年務めたのち、父が院長であった『慈愛病院』へと移りました。その後2005年に『本田医院』を開院。

本田 英世 院長

本田 英世 院長

本田医院

文京区/本郷/春日駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●胃腸内科

すーっとそのまま流れていったというのが正直なところ

本田 英世 院長

「医者になりなさい」と直接言われた記憶はないんですが、医師であった両親の影響は強かったでしょうねえ。小さい頃から親の仕事場に出入りして、患者さんを診ている父の姿をずっと見ていたものですから、気負いのようなものもなく、すーっとそのまま流れていったというのが正直なところではないでしょうか。
日本医科大学に進み、専門は外科を選択しました。先程も言いましたように、父が手術をしているのを端で見てたくらいで、外科というものへの興味は幼い頃からのものだったと思います。また、外科医は状況により内科的な診断もこなさなければならず、手術後は糖尿病や高血圧を抱えた方の経過も診なくてはなりません。「全てを診れる」ということが外科医の本領であり、その点に魅力を感じてその世界へと進んだのです。
大学病院で10年務めたのち、父が院長であった『慈愛病院』へと移りました。そこでは本当に何でもやったものでした。救急救命もそうで、当時は整形外科も手掛けていました。今日的な言い方をするならば総合外来医的な立場がいつの間にか板につくようになっていました。2005年に『本田医院』を開院致しましたが、当時の経験が今の私の診療を支えてくれているような気もしています。

初心に返って患者さんを診ていきたい

本田 英世 院長

私の母は山形の人で、若い頃に上京し、この近くの開業医さんのもとでお手伝いをしていたと聞いています。なかなか見込みがあったらしく、その開業医の先生から「医者を目指しなさい」と薦められたらしいのです。しかし、彼女は学校を出ていなかったものですから、となるとイチからということになり、そこで現在の青山学院へと進んだのです。なにしろお金がないものですから、母は学生の身でありながら同校の寮母も務めていたようです。その後今の東京女子医大へと入り、医師となり、私の父と一緒になったと、そういう経緯ですね。
トドの初めは、父よりも母のほうが「病院を作りたい」と強く思っていたようです。それを受け、この菊坂でもって開業したのが全ての始まりですね。その病院は今は場所も変わり、『慈愛病院』となっています。私がここで開院をしたのは、両親が始めた最初の場所に戻ってきたという意味合いがあるんです。大した距離ではないようですが、年をとってくると『慈愛病院』まで歩いて通うのも大変ですし、この地域の方達の少しでもお役に立てればと思っています。
もう1つ。"病院の上"に立っていますとね、見えなくなるものが多いんですよ。自分がイスに座ってふんぞり返って治療をしていられるのは、掃除をしてくれる人や、色んな人がいてくれるからこそでしょ。そして、なにより患者さんがいるからこそ。もう私もいい年ですから、わずかな人生、初心に返って患者さんを診ていきたいと思ったんですね。

自分の力と、自分の仕事場で出来ることの限界を知ること

本田 英世 院長

父と母が診ていたおじいちゃん、おばあちゃん。それから、この辺りにお住まいのお母さんが子どもを連れていらっしゃることも多いですね。私は小児外科も担当していましたから、子供を診ることも出来ますので。とはいえ、自分のレベルを超えると判断した場合には、速やかに相応の施設へと送らなければなりません。これはもう本当に基礎の心構えです。でも実際は、ひどくなってから送られてくる患者さんが多いんです。私もそうした例を本当に多く見てきました。自分の力と、自分の仕事場で出来ることの限界を知ること。それは非常に大事なことだと思っています。

ある程度の年齢になれば、日々の食事を改めていただけるとよろしいかと思います

いわゆるメタボに関しては心配な方が多いですね。これに関して、私も人のことは言えないですが(苦笑)。生まれつき太らない体質の方がいます。でも、それは若いうちの話で、お年頃になると段々と体質は変化してきます。具体的に言いますと、それまでは代謝によってとれていた脂肪がとれにくくなる、ということです。ですから、今スマートだからといって油断は禁物です。ある程度の年齢になれば、日々の食事を改めていただけるとよろしいかと思います。

これから受診される患者さんへ

当院は、患者さんに対し、誠実で誠意を持って接し、安全で安心出来る医療を心掛け、また、医療の質及び技術・医療サービスの向上に努め、病診連携を充実し、地域に密着した医療を提供いたします。 今は医者だからどうこう、という時代ではありません。医者も数あるサービス業の1つであり、患者さんのために医者があるということを忘れてはならないのです。おごらず、えばらず。同じ目線で接していくことを大切にしていきたいと思っています。

※上記記事は2014.04に取材掲載したものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

本田 英世 院長 MEMO

循環器専門医 /血液専門医 /その他

  • 生年月日:1946年10月10日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:ゴルフ、ボーリング
  • 愛読書・本:山崎豊子、渡辺淳一
  • 好きな映画:ウエスト・サイド物語
  • 好きな言葉・座右の銘:ありがとう
  • 好きな音楽・アーティスト:ポピュラー音楽
  • 好きな場所・観光地:温泉、ハワイ

グラフで見る『本田 英世 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

本田医院

文京区/本郷/春日駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●胃腸内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声