文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(文京区)―

村田 三奈子 院長/エムズクリニック(本郷三丁目駅・リハビリテーション科)の院長紹介ページ

村田 三奈子 院長

MINAKO MURATA

整形外科をメインに、
西洋医学・東洋医学を含めた総合医療をご提供

高校卒業後は東京女子医科大学に学び、卒業後は同大学の東医療センター整形外科へ入局。臨床や研究を中心に研鑽を積むほか、アメリカ・ハーバード大学に3年間在籍し、帰国後には博士号を修得。その後、東京女子医科大学、聖マリアンナ医科大学でさらに経験を重ね2014年3月に、『M's Clinic』を開院しました。

村田 三奈子 院長

村田 三奈子 院長

エムズクリニック

文京区/本郷/本郷三丁目駅

  • ●リハビリテーション科
  • ●リウマチ科
  • ●整形外科

「父の影響を受けて」

村田 三奈子 院長

父が整形外科医をしておりましたので、私が同じ医師の道を選んだのも「父の影響を受けて」ということになると思います。高校卒業後は東京女子医科大学に学び、卒業後は同大学の東医療センター整形外科へ入局。臨床や研究を中心に研鑽を積むほか、アメリカ・ハーバード大学に3年間在籍し、帰国後には博士号を修得しました。その後、東京女子医科大学、聖マリアンナ医科大学でさらに経験を重ね、とくに関節リウマチについては多くの症例に携わってきました。私が専門とするリウマチ患者さんの場合、病院とは長きにわたるお付き合いになります。大学病院に通院して長い待ち時間のあとでようやく診察、といった生活が続くことは患者さんにとって大きな負担になるもの。大学病院レベルの診療を、地域の皆様の身近な場所でご提供したい。また、体の気になる症状を気軽にご相談いただける場所として皆様のお役に立ちたいという考えのもと、2014年3月に、日比谷線広尾駅1番出口から徒歩3分のこの地に『M's Clinic』を開院しました。

整形外科をメインに、西洋医学・東洋医学を含めた総合医療をご提供

村田 三奈子 院長

開院にあたって目指したのは、クリニックらしくない居心地のよい雰囲気づくりです。受付をはじめとしたスタッフの接遇はもちろん、私が大好きなロバート・ハインデルの絵が飾られた開放感のある待合スペースなど。来院されたすべての患者さんに、リラックスしてお過ごしいただきたいと思っています。プライバシーに配慮した診察室、処置室のほか、牽引装置やウォーターベッドが並ぶリハビリ室を有する当クリニックでは、整形外科をメインに、西洋医学・東洋医学を含めた総合医療をご提供しています。私が専門とする関節リウマチは、服用薬と適切な治療によってコントロールができる病気になりました。手のこわばり・関節痛・倦怠感のある方は、ぜひお早めにご来院いただきいと思います。当クリニックには、柔道整復師の有資格者も常駐しておりますので、体のメインテナンスなどもお任せください。

わかりやすく丁寧にご説明、患者さんにご納得いただいた上で治療を進めたい

村田 三奈子 院長

来院された患者さんが、当クリニックに「来てよかった」と思ってくださるように。ここに来るだけで症状が軽くなるような、安心感を与えられる存在になりたいと思っています。そのためにはやはり、しっかりとした信頼関係が大切ですよね。まず患者さんの話をよくお聞きすること、そして正確な診断のもとに、適切な治療を実践することを第一に考えています。たとえば、ひと口に「骨粗鬆症」と言っても、その原因はさまざま。骨密度検査をして数値が低い場合には、血液検査などでその原因を探ります。患者さんにはよく、骨をお金に例えてお話するのですが、骨密度検査では貯金額(骨の量)を、血液検査では収入(骨をつくる細胞)と支出(骨をこわす細胞)のバランスをチェック。収入が少ないならば、それを補う治療を。支出が多すぎるなら、それを抑える治療をして行くわけです。いずれにしても、わかりやすく丁寧にご説明をして、患者さんにご納得いただいた上で治療を進めたいと考えています。

「健康年齢」をのばすお手伝いをするのも、私たちの役割の一つ

ウェルエイジングとは、よりよく歳を重ねて行くこと。ただ長生きをするのではなく、旅行に出かけたり、外食をしたり…いつまでも自分らしく人生を楽しめるように。寝たきりの生活にならないように、皆様の「健康年齢」をのばすお手伝いをするのも、私たちの役割の一つだと考えています。何だか腰が重ダルい、歩く時に足を前に出しづらくなった…。毎日の生活のなかで違和感を覚えるのは、骨粗鬆症が原因なのかも知れません。こうした体のサインを見逃してしまうと、骨粗鬆症が進行して骨折のリスクが高まります。たとえば、大腿骨を骨折して寝たきりの生活を送ると、内臓や筋肉などが弱まって5年生存率が50%と言われるほど。じつは骨粗鬆症は、ガンと同じくらい怖い病気なのです。ですから、当院にいらっしゃる患者さんには、少しでも長く今の健康状態をキープしていただきたいですね。女性の更年期に対応する「プラセンタ療法」のほか、ビタミン・ボトックス注射なども行っていますから、不快な症状は我慢せずお気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ

時計や車を丁寧にお手入れしていると、長く楽しめるだけでなく、アンティークとしての価値が上がることもありますよね。人の体も同じこと。きちんとケアをしていれば、毎日を健康に過ごし、輝く人生を楽しむことができるのです。そのためには、日頃からの健康管理がとても大切。とくに閉経後の女性の方は年に一度、骨密度検査を受けていただきたいですね。そして、体の不調・お悩みがあるときには、ぜひ当クリニックにご相談ください。

※上記記事は2014.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

村田 三奈子 院長 MEMO

整形外科専門医 /腎臓専門医 /リウマチ専門医

  • 生年月日:1970年10月20日
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:オペラ、バレエ鑑賞
  • 愛読書・本:林真理子作品
  • 好きな映画:動物もの
  • 好きな言葉・座右の銘:創造、進化
  • 好きな音楽・アーティスト:ワーグナー
  • 好きな場所・観光地:ウィーン

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート