文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(文京区)―

吉永 惠実 院長/えみクリニック東大前(東大前駅・内科)の院長紹介ページ

吉永 惠実 院長

EMI YOSHINAGA

「中医学」を診療に取り入れ、患者さんが満足出来る医療を提供

上海第二医科大学医学部卒業。杏林大学大学院保健学修士号取得。杏林大学大学院医学博士号取得。日本医科大学付属病院・老人科特別研究生を務め、2007年に「えみクリニック」を開院。2017年10月に現在地へと移転(東京メトロ南北線「東大前駅」より徒歩1分)。

吉永 惠実 院長

吉永 惠実 院長

えみクリニック東大前

文京区/向丘/東大前駅

  • ●内科
  • ●皮膚科
  • ●漢方内科

医師を志し、中国から日本へ

吉永 惠実 院長

私は上海第二医科大学を卒業後、日本に渡り、杏林大学大学院に籍をおきました。当時の中国では、日本への留学が一種のブームだったのです。加えて、私の姉夫婦が先に日本に来ていたことも、この選択を後押ししてくれました。大学院で医学博士号を取得したのち、今度は日本医科大学付属病院の老人科に籍をおき、平行して東洋外来で診療を担当していました。「えみクリニック」を北区に開設したのは2007年のこと。当時は外来半分、往診半分という形で始まり、やがて漢方を目当てに来られる患者さんが多くなったこともあって、昨年(2017年)より交通の便利なところへということで、現在地に移転をしたという経緯になります。

患者さんに安心感を提供するのも医師の務め

吉永 惠実 院長

当クリニックでは内科・皮膚科・漢方全般の診療をしており、在宅医療につきましては、開設以来、通院が困難な方々を対象に訪問診療・訪問リハビリをおこなっています。
在籍する医師は内科のなかで、それぞれ老人科・消化器科・女性疾患等を得意としています。みなが在宅医療を長く担当しており、その経験を含め、オールマイティーに対応可能です。
外来・在宅で共通して心掛けているのは、不安を与えず、伝えるべきことをしっかりお伝えすること。同じ言葉であっても、人それぞれで受け止め方は異なります。特にご高齢の方は、何か異常があるですとか、悪い、といった言葉に非常に敏感なものなんですね。1度耳に入ればなかなか離れないものですから、言葉の使い方に気をつけ、過剰に不安を与えないようにすることには常に気を遣っています。

中医学理論に基づき、1人ひとりに合わせた処方を

吉永 惠実 院長

漢方においては、同じ病名であっても、その状態によって治療の方法は違ってきます。生理不順の治療を例にするとわかりやすいかもしれません。生理前に痛むのか、生理後に痛むのか、痛む時期によっても治療方法は異なります。症状の具合と脈診・舌診・問診、それらを総合的に判断した上でその人に合った治療を選択していくことになります。

こちらに移ってきてから、いわゆる女性疾患、生理不順や更年期障害、あるいは不妊といったお悩みが目立つように思います。漢方における不妊治療では、女性の子宮の状態を良くし、妊娠しやすい状況を作ることに主眼がおかれます。その甲斐あってと申しましょうか、この1年あまりの間にすでに複数名の方がめでたく妊娠されています。

漢方はエキス製剤のほか、煎じ薬も処方

漢方外来に関してはほぼ漢方を処方することが多いのですが、西洋医学を頭から否定するわけではありません。高血圧を例にとりましょう。高血圧では、何よりも優先しなければならないのは、血管の保護ということになります。血圧を下げるという部分において、西洋薬は優れた効能が期待出来ますので、まずはそちらを優先し、その上で高血圧にともなう諸症状を漢方で治していくという形をとっています。
クリニックでは一般的なエキス製剤の漢方を処方するほか、個人に合わせた煎じ薬も処方しています(保険適応)。煎じ薬は、その都度煎じる手間が掛かるというデメリットがありますが、こちらではあらかじめ煎じたものを真空パックで保存したものを処方していますので、服薬がしやすくなるというメリットがあります。
肝心の効果につきましても、当然ながらその人の状態に合わせた煎じ薬が勝るのは言うまでもありません。漢方は個々の病気への対処に加え、慢性的な疲れやお肌の状態が悪いといった女性のお悩みを改善してくれる作用も持っています。養生という意味でも、おすすめですね。

これから受診される患者さんへ

『えみクリニック東大前』は一般的な西洋治療に加え、プラスαの治療として漢方全般を扱っています。選択肢が複数あるメリットを生かし、あらゆる身体の不調に対応していきますので、何かお悩みがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

吉永 惠実 院長 MEMO

  • 出身地:上海
  • 趣味:お料理、旅行、ピアノ
  • 好きな作家:村上春樹
  • 好きな映画:コメディ
  • 座右の銘:「継続は力なり」
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな場所:鎌倉

グラフで見る『吉永 惠実 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート