文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(文京区)―

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士/小暮動物病院(茗荷谷駅・犬)の院長紹介ページ

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

NORIO KOGURE

動物達の行動をじっくり観察してから
飼い主さんの話に基づいた診察をする

1949年最初の就職先は神奈川県衛生部公衆衛生課に配属し、食品衛生や狂犬病予防、衛生検査業務等に携わりました。先輩が犬猫病院を開業していたので、その病院に寝泊りして臨床獣医学の手ほどきを受け、1954年にここ小石川で開業しました。

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

小暮動物病院

文京区/小石川/茗荷谷駅

  • ●犬
  • ●猫

子どものころから動物が好きだった

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

母親の家系に医師が多く、祖父も叔父も内科医でして、私を後継者にしたかったようです。しかし、私は子どものころから動物が好きだったので獣医の道へ進みました。
1949年最初の就職先は神奈川県衛生部公衆衛生課に配属し、食品衛生や狂犬病予防、衛生検査業務等に携わりました。
その後、世の中が少しずつ豊かになるにつれて、ワンちゃんやネコちゃんを飼う人たちが増え、先輩が犬猫病院を開業していたので、その病院に寝泊りして臨床獣医学の手ほどきを受けました。1954年にここ小石川で開業しました。毎日、犬や猫の顔をみながらもう50年以上経ちますね。
獣医師として、犬や猫の臨床以外に取り組んだ事として、日本で開催された2つの国際学会の運営に参加しました。皮膚科、麻酔、外科、比較心身症、行動学、ヒトと動物の関係学、日佛獣医学会、ペット法学会等々の設立、運営にかかわり、幅広い情報に接することが出来ました。

長年興味を持って行動学の研究をしている

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

飼い主さんの話をよく聞くことですね。そのために話しやすい雰囲気をつくることを心がけています。
それと、ケージに入れて連れてきたワンちゃんをすぐ診察台には載せません。まず、待合室でケージから出して、表情や目の輝き、歩き方などを見ます。私は長年興味を持って行動学の研究をしているので、動物達の行動をじっくり観察してから、飼い主さんの話に基づいた診察をするようにしています。

動物たちと会話ができたら楽しいと思いますよね

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士

人間と動物、品種の違いがあるのに、飼い主さんと動物たちには信頼関係があるというところでしょうか。たとえば、本来、ネコちゃんは独立心が強く単独生活をする動物なのに、飼い主さんに甘えたり、親子関係のような絆が生じます。動物たちがそばにいるだけで癒やされますよね。
私は2002年に、協力依頼があってワンちゃんの感情を表示するコミュニケーションツール「バウリンガル」の開発に携わりました。動物たちと会話ができたら楽しいと思いますよね。
※小暮院長は「バウリンガル」の開発で、異種動物とのコミュニケーションを発展させた功績で、2002年度のイグノーベル平和賞を受賞しています。

高齢者が動物を飼うことを支援するNPO法人を立ち上げました

動物を飼うこと。これは、高齢者にとってとても良いことだと思います。散歩のきっかけになったり、癒やされたり、毎日が楽しくなるでしょう。その一方で、自分が先に亡くなったらどうしよう、体の自由がきかなくなったらどうしよう、という不安をもつのも理解できます。
そこで、VESENA(Veterinarians for Seniors and Animals)という、高齢者が動物を飼うことを支援するNPO法人を立ち上げました。同業の獣医師やボランティアを募り、地域の獣医師会の協力を得てエサやりや散歩、シャンプー、爪切り、ブラッシングなどをサポートしています。この活動は全国的に展開していきたいと考えています。
また、希望があれば高齢者の方には、テレフォンサービスで投薬する日や予防注射の日などを電話で知らせ、動物の様子を聞いたりしています。郵便で通知しただけでは忘れてしまうこともありますからね。

これから受診される飼い主様へ

文京区民は動物たちに対するモラルが高く、マナーもとてもいいと思います。今後も動物たちを大切にしていただきたいのと、動物には予防できる病気がたくさんありますから、気軽に相談していただきたいですね。
診療は、ワンちゃんとネコちゃんが中心で、他の小動物などは近隣の専門の先生をご紹介いたします。
また、ケガをしてしまった動物たちは無料で診察しています。保護した優しい人に治療費を負担していただくわけにはいきませんからね。これからも体が動く限り、動物たちそして地域の皆様のお役に立ちたいと思います。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

小暮 規夫 院長 / 獣医学博士 MEMO

  • 生年月日:1930年2月21日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 趣味:クラシックカメラ収集
  • 好きな本:現代詩、現代美術の関連本
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:ヒューマン・アニマル・ボンド(人と動物の絆)
  • 好きな音楽:モダン・ジャズ
  • 好きな観光地:芸術の都・パリ

グラフで見る『小暮 規夫 院長 / 獣医学博士』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

小暮動物病院

文京区/小石川/茗荷谷駅

  • ●犬
  • ●猫
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート