文京区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(文京区)―

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師/動坂動物病院(本駒込駅・犬)の院長紹介ページ

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

TOKURIKI TSUYOSHI & MARI

2人がそれぞれ専門分野を持っているから
より専門性の高い処置ができる

【徳力 剛 副院長】
大学を卒業した後は、東京大学大学院農学生命科学科高度医療研究室の研究員として研鑽を積む。その後、2006年ごろからこちらの院で働くようになりました。

【徳力 真里 獣医師】
大学卒業後は東京大学大学院で研究員に。こちらに戻ってくるまでは都内の動物病院で勤務していました。

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

動坂動物病院

文京区/千駄木/本駒込駅

  • ●犬
  • ●猫

小学校のころから動物のお医者さんになりたいと思ってた【徳力 剛 副院長】

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

【徳力 剛 副院長】
小学校のころから動物のお医者さんになりたいと思っていました。飼っていた犬の具合が悪くなるたびに気になっていたんです。動物たちに元気でいてほしい、病気をなんとかしたいという想いが早くから芽生えていたこともあり、獣医師になるという選択肢が自然と出てきました。

【徳力 真里 獣医師】
私は、実家がここなんです。祖父の代から続く動物病院で、主人と私で3代目。ずっと動物たちに触れ合ってきたこともあり、子どものころから犬や猫が大好きです。動物が好きだから獣医師になったというところは主人と同じですね。

研究と臨床のどちらも続けることが、よりよい治療につながっている

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

【徳力 剛 副院長】
大学を卒業した後は、東京大学大学院農学生命科学科高度医療研究室の研究員として研鑽を積みました。犬猫の外科疾患、整形外科、腫瘍、神経疾患などの分野を深く勉強することができました。研究と臨床のどちらも続けることが、よりよい治療につながっています。その後、2006年ごろからこちらの院で働くようになりました。

【徳力 真里 獣医師】
私も、大学卒業後は東京大学大学院で研究員になり、外科などの難しい症例をいくつも勉強することができました。そこで主人と知り合ったんです。基礎となる修業時代を同じ環境で過ごすことができたのは大きいですね。今でも何か悩んでいることがあると、同じ分野の専門家として的確なアドバイスをもらえることがあります。こちらに戻ってくるまでは都内の動物病院で勤務していました。

2人がそれぞれ専門分野を持っているから、より専門性の高い処置ができる

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師

【徳力 剛 副院長 & 徳力 真里 獣医師】
診察は2人で同時に行います。2人で触診や聴診をするので、見落としがないようにできているのではないでしょうか。動物が抱えている病気が1つではないときもありますよね。そんなとき、見逃しがないようにできるのは大きいなと思います。当院は心臓、腎臓、皮膚病に対して、より専門性の高い処置ができると自負しているのですが、それができるのも、2人がそれぞれ専門分野を持っているからなんです。声をかけあいながら、「おかしいな」と思ったことはその場で確認し、対応することができます。また、高齢動物に多い病気の診察もおまかせください。慢性疾患は治る病気ではありませんが、関節炎、腎臓病、心臓病などを患った高齢動物と、どのように向き合っていくかを飼い主様と一緒に考えていきます。見た目はいつもと変わらなく元気でも体の中はゆっくり加齢性の変化を起こし症状が表に出てくる頃には病態が進んでしまっている事もあります。シニア期に入ったら、体重チェックや触診・聴診などの身体検査、お話だけでもよいので気軽にマメに病院へ立ち寄ってもらえると、病気の早期発見につながることもあります。また、早期に病気が発見できれば、日常生活における注意点や、病気の進行を遅らせるアドバイスも出来ると思います。

情報をアップデートしながらよいものは、なるべく早く治療に取り入れていく

【徳力 剛 副院長 & 徳力 真里 獣医師】
今でも週に1回、研究員として母校へ足を運んでいます。このように、学びの場を持つことは継続していきたいと思っています。そうすれば、大学でやっていることをそのまま日々の診察に反映させることができます。手術も大学でトレーニングをしていますので、安心してあずけていただきたいですね。地域に密着していることもあり、ワンちゃんやネコちゃんが子どものころから来てくれている人もいるんです。また、当院は東京メトロ南北線「本駒込駅」から徒歩5分の場所にありますが、心臓や腎臓に病気を抱えていることが心配で、横浜や千葉、さらには都外からお越しになる飼い主さんもいらっしゃいます。みなさんが動物たちと楽しく生活できるようにサポートしていきたいですね。そして、大学で得た情報をアップデートしながら、よいものはなるべく早く治療に取り入れていけるようにと思っています。

これから受診される飼い主様へ

【徳力 剛 副院長 & 徳力 真里 獣医師】
私たちも犬と猫を飼っているので、仕事が終われば「飼い主」として動物たちに癒されています。だからこそ、飼い主として投薬の大変さや歯を磨かせることの大変さや、調子が悪い時の心配な気持ちがよく分かるんです。それをふまえて、いろいろなことを飼い主さんに押し付けるようなことはしないように、と思っています。当院のトリマーは、20年以上も続けて勤務していることもあり、もうベテランです。トリミングが初めてのワンちゃんやネコちゃんも大歓迎です。院と自宅が同じなので、緊急の時は、時間外でも相談してください。動物が好きだという気持ちが原動力になっていると言い切れるスタッフたちですので、何か気になることがあれば遠慮なく話に来て下さい。

※上記記事は2015.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師 MEMO

  • 出身地:【副院長】奈良県 【真里先生】東京都
  • 趣味・特技:【副院長】釣り、マラソン 【真里先生】犬猫の小物を見つけたり作ったりすること
  • 好きな本:【副院長】獣医学の専門書 【真里先生】雑貨の本
  • 好きな映画:【副院長】『大脱走』 【真里先生】こわい映画
  • 好きな言葉:【副院長】向上心 【真里先生】分かち合えば喜びは倍増し 悲しみは半減する
  • 好きなアーティスト:【副院長】ビートルズ、クイーン 【真里先生】子どもと一緒に歌えるもの
  • 好きな場所:【副院長・真里先生】三浦海岸

グラフで見る『徳力 剛 副院長 & 真里 獣医師』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

動坂動物病院

文京区/千駄木/本駒込駅

  • ●犬
  • ●猫
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート